一般社団法人日本開発工学会

日本開発工学会へようこそ

日本開発工学会の社会的使命

日本開発工学会は、ビジネスの創造に関するすべての事柄を研究する学会です。

日本開発工学会は研究開発、技術開発、製品開発、商品開発などを総合的なビジネスの創造につなげるために、市場と組織との効率的な関係を探求する学術研究団体です。

日本開発工学会は企業の利益と社会の幸福を両立させるための “ビジネスの創造”を追求します。

具体的には「技術と社会の調和」「理論と実務との橋渡し」をめざします。

事業紹介
開発工学とは
会長挨拶
役員構成


□ 事業紹介 □

日本開発工学会は、ビジネスの創造に関する全ての事柄を研究する学会です。
具体的には以下の3点に集約することができます。

1 総合的なビジネスの創造について研究

「開発工学」というと、一般に工学系の研究開発という印象がありますが、日本開発工学会は「開発工学」を工学系に限定するのではなく、もっと広く捉えて、技術開発、製品開発、商品開発を含めた総合的なビジネスの創造,社会的課題を含む,様々の課題を実践的に解決するためのソーシャルイノべーションについて研究する学会です。したがって、マーケティングから、組織、サービス、人材の育成などのマネジメントの領域も含みます。

2 人類全体の利益に貢献

21世紀の企業活動は、これまでのように、単に人々の利便に供するモノやサービスの生産にとどまることはできません。また、利益を上げればよいという単純な思考も許されません。人々の利便になることが、環境を破壊し、社会の倫理や秩序にとってよくないことであれば正当な企業活動とはいえません。売れるモノやサービスが全て善であるとは限らないからです。企業の利益は、社会的な利便と環境をバランスよく提供したことに対する社会からのお返しであると考えることが大切です。

3 人材、企業、産業を育成

日本開発工学会は、企業の利益と社会の幸福を両立させるための“ビジネスの創造”を追求します。具体的には次の育成を目指します。
(1)リーディング企業の育成
(2)起業家の育成
(3)新産業、創造型産業の育成
(4)若手研究者の育成
(5)シニア実務家によるベンチャー企業支援や若手実務者の育成

□ 開発工学とは □

日本開発工学会の「開発工学」とは、以下のような意図をもって命名されました。
開発工学とは、“開発”活動における合理性を向上するための科学的な究明を意図しようとする言葉で“工学”が目的達成での無駄を排除するという意味を持つところから、昭和39年にR&D Engineeringという言葉にもとづいて命名されたものです。開発工学は、以下に示す広い分野で適用できる内容を持っています。

1.研究開発:商品コンセプト、モチベーション、開発評価、研究開発戦略など
2.組織開発:組織計画、人材育成、プロジェクト管理、人材管理など
3.市場開発:市場開発戦略、戦略適用のシナリオ、マーケティングなど
4.その他:経営計画、生産計画、リスク・マネジメントなど

開発工学では、その中核的なテクノロジーとして、アナリシス手法、予測手法、評価手法、発想手法、システムズ・アプローチ手法などを駆使し、開発目的を達成するために役立つ、開発のあり方、市場開拓を促進する組織編成の検討などを対象としています。

□ 会長挨拶 □

会長写真

2015年6月1日
一般社団法人日本開発工学会
会長 大江 修造




2015年5月28日に開催されました一般社団法人日本開発工学会の理事会・総会におきまして会長に選出されました。ビジネスの創造に関するすべての事柄を研究する学会として開発工学分野において指導的役割を果たしてきました日本開発工学会の会長に選ばれたことを大変光栄に存じています。理事をはじめとする役員と会員の皆様と共に日本での、そして国の内外での開発工学の発展に寄与・貢献できればと思います。

最近のノーベル賞受賞者数はアジアの他国の追随を許さないものがありますが、日本人の3人がLED技術の発明でノーベル賞を受賞したにも関わらず、日本は、その主要な生産国ではありません。あるいはまた、最近、話題になっているドローンも、ご承知の通り、他国が主要な生産国であります。日本のお家芸と言われた、家電におきましても同様です。グローバルな競争のさまざま分野で後塵を拝しています。
このような状況の中で日本開発工学会は、社会的使命として「技術と社会の調和」と「理論と実務との橋渡し」をめざし、技術経営(MOT:Management of Technology)の研究に、30年に亘り取り組んできた伝統ある学会です。「開発」につき英知を結集して、日本の進むべき道を明示すべき役割を負っていると考えます。
会員各位の実務に役立つ英知を創生する仕組みと機会を、更なる努力により実現致します。

就任にあたって以下の施策に取り組んでいきます。

(1)査読論文の掲載を増やす
学会の評価の基本に、質の高い査読論文を学会誌で発表できたかにあります。具現化にあたり「研究開発、技術開発、製品開発、商品開発などを総合的なビジネスの創造につなげるため、市場と組織との効率的な関係を探求する」学会の社会的使命を果すため、会員各位が実践で学んだことを研究し、意見交流することで、現場で役立つ学問にすることに取り組みます。
日本は世界のモノづくりやコトづくりをリードしてきました。ここにきて日本の現場力が見直されています。企業の中に閉じこもることなく、学会での会員間のヨコの情報交流を通じて日本型技術経営の長所を形式知化し、論文により国内外に問う事で企業のグローバル化に貢献できると考えます。

(2)研究会活動の活性化に取り組む
現在学会には、エンジニアリング・ブランド研究会、コーディネート経営研究会、ビジネス・イノベーション研究会、知的財産マネジメント研究会の4つの研究会があります。昨年度から3D技術でモノづくりが変わるとの予測で、国際的なイノベーション動向を調査し、情報交換の場を設けました。
「なぜ日本では技術ベンチャーが育たないのか」という疑問に答えるために、本年度から「技術ベンチャー叢成ワークショップ」をスタートさせます。
何もしなくてもイノベーションが起きるといわれるほど、大きな変革が起きています。変革期の開発工学のテーマは、「企業のグローバル化への対応」「介護・福祉・高齢化社会のビジネス」「日本型経営の欠点を知り、長所を生かす」等、新たな研究テーマが満載です。具体的な取り組みを検討致します。

(3)広い視野と情報を入手することでグローバル化に対応する
イノベーションと言われるような大変革の流れに取り残されないように「タテからヨコへ、新ビジネスデザインの探究」を学会の基本コンセプトに致します。企業の中で変革を作り出すには、企業の中(タテ社会)で研究するだけではなく企業の中から出て学会交流(ヨコ社会)に参加することで、自ら新しい情報に触れることが必要です。
グローバル化に対応するには、日本のマネージャークラスの意識改革が必要です。変革の情報は社外のビジネスの現場にあります。日本の経営者などの意識改革にも取り組みます。

会員各位のご協力・ご支援のもとで、日本開発工学会を着実に進歩・発展させていきたいと存じます。 どうぞ、よろしく、お願い致します。

略歴: 大江 修造 工学博士
1962年 東京理科大理学部卒業、石川島播磨重工業(株)(現IHI)入社
1971年 工学博士(東京都立大学大学院 論文博士)
1980年 東海大学工学部助教授
1982年 東海大学工学部教授
1991年 東京理科大学工学部教授
2008年 東京理科大学理学部教授

研究分野:化学工学 蒸留工学分野